春かと思った

書いてから一年後ぐらいに公開する日記など

2013年9〜12月

9/14
小銭ないからってフライドチキン買ったのははじめて


9/17
地味な仕事をえんえんとやっているので疲れるけど、今のところたのしい。たのしく思えるのは、これを一生やるわけじゃないっていうのが明らかだから、っていうのもある。先が見える見えない とかって、すごくしょうもなくもあり重要でもある。バランスとる材料。不調の原因に気づく材料。


9/18
仕事してるとやりたいことフツフツ浮かぶ→わすれる


9/21
楽しそうだと言われた


9/22
非常に疲れた。不安がおそってきて胸がイタい


9/23
喋りすぎ。ほんとうに喋りすぎてる。ヤバい。重ね重ね厳密に正しく正直なことが言えるように……と長く喋ると、ほんとうに、喋れば喋るほど嘘くさくなって、自分で自分の言ってることを信じられん。


9/23
来た来た。すんごい不安。昨日か、おとといぐらいから、すんげえ不安。バクバク。原因はわかってるけど、わかってたからといってどうなるものでもないし。まあ、そりゃあ不安に思うのはしょうがないよね、あたりまえ、ふつうのことです、そんなかんじ。だけど、胸は、痛くないほうがいいにきまってるよなー。ぐらぐらしてないほうが、しんどくないほうが、いいよなあ。スカッとしたいよなあ。でもたまにはしょうがないなあ。


9/28
なんかジメっとしてんのかもな、モヤモヤ まあ日が経てばどうでもいいってかんじになってるだろう


10/5
いいもの観たあとってテキトーになんか食べようってならない。お腹減ってない


10/14
寝てるときと食べてるとき以外の時間ほとんどイライラしてるかむしゃくしゃしてて正直クソババアへの階段登ってる感がヤバいんですが、大事に思うものを何年かかけて見つけたり集めたりしてきたので今後どのようにそれらを大事にしていくかってことを考えるのもありかもしれんってちょっと思いました


10/17
普通に朝とか毎日行きたくないって思うけどそれは「ねむい・だるい・なんかめんどい」レベルで癖みたいなもんで全然たいしたことない。本当の「行きたくない」はもっとやばいから・・・。今は時間に余裕あって、しごと内容もたのしくできていて、夜布団で寝て、朝起きて、平日に誰かと会ったり遊んだり。ふつうに、よい。たのしい。去年までと何が違うって、季節のうつりかわりをゆっくりちゃんと感じることができているような。しかし、ずっとこのままではいられないのだな。逆に、一生このままいろっていわれたら うーん、それはつまらない、きっと、こわいし。まあいろいろやってみよう。


10/21
昔書いた台本読んだら笑えた。


11/9
大学の先輩が観にきてくれてすごくうれしかった。


11/11
腸炎


11/12
同級生の結婚披露宴でアホほど泣く。大げさすぎて、周りが「え、そんなに?そこまで?」とあやしく思うぐらい。でも止め方わからなかった。


11/12
自分の大事なものは消えてったりしないとあの時たしかに思ったが、なぜそう思ったのかを忘れてしまい、足もとがグラグラ。今やってないことなんか全部うそなんじゃないか、と思ってこわい。歩いてきた道はなくなってしまうの?受けとってきたものはもう手もとにないの?いつのまに?


11/14
次、また、なにかできるのか?来年の私はなにをしているの?先を思うと怖い。怖くてもガンガンいこうぜってだけじゃ結局うまいこといかないんで、足を止めない方法を考えてみよう。


11/17
退屈や疑問を抱いたってことに、自覚的であれば、どんなに外側が不自由でも大丈夫で、そこからが私にとってのいきいきと生きていくイメージ。それを、「疑問抱いたらだめなんですか!?」みたいに言って、くってかかかって自由もとめてる風のアクションしちゃう人の言う自由なんて輝き損なわれて見える。輝かなくてもいいから主張したい権利。腹に抱えてにじむ美しさ。まあ私は口に出すけど。言うけど。「なんでなんですか!」「おかしいじゃないですか!」「きいてくださいよ!」うるせえ。自分でも思うけど


11/24
なんでこんなにゆううつなのか?かつて、高校に入ったらしんどくなくなるかな、とか、18歳になったらしんどくなくなるかな、ってずっと思ってたけど気づいたら治らないまま、同じようなゆううつを持ち越し。ずっとゆううつなんだからもうそうゆう性格なんだな、しょうがない、と認めたら最近は明るく過ごせてる気が。まあ明るいといっても自分の中で比べたときに。だって楽しいし。でもそれは認めたからじゃなくてふらふら楽な暮らしをしてるからか。なんだ、いつか終わるのか、このゆるゆるな心地は。たまに沈んだり迷ったり怖くなったりは普通に生きてればその範囲内であたりまえに起こることってかんじで。長引かないし。季節が変わるのをゆっくり感じることができていると思う。このままずっとずっと遊べたら。いや、その文字どおりではなく、たとえ、今より長い時間働いていたとしても、遊ぶという心意気で生きられたら。


12/13
中崎町のイロリムラで演劇ユニット「チューニングフォーク」の公演を観る。太宰治の『駈込み訴え』ががっつり二度上演される。ふたりの女優それぞれの演出による一人芝居。センスが洗練されているから、ではなく、俳優が、懸命に、真摯に好きな芝居に取り組んでいるから、だからとてもかっこよかった。


12/15
10代のころから付き合いのある人がいてひとまわりぐらい年上の人でその人はいつもいつも私のことを肯定してくれていた。しんどくて死にたいときも楽しいときも私が何か作って発表してるときも何も作らないでいても学校行ってるときも働いてる時も仕事やめたときも。その人と会って楽しかった。いつも好きだし感謝をしている。恩返しとまでいかないけれど出会えて良かったって気持ちをふくらませてこれからもたびたび確認できるように今度は私が主体となってひとつがんばってやってみようという計画がぼんやりある。恩返しというわけではないけど私と関わったことをラッキーと思ってもらいたいとか社会的にチヤホヤされたいみたいな下心含みつつお世話になった人に感謝の気持ちをなにかそれを具体的に行動にうつしたいって考えがあるので頑張ろうと思った


12/17
心斎橋で長澤知之ライブ。Nabowaとの『誰より愛を込めて』聴けてよかった


12/20
むかつくことがあった。一晩あけても、たらふくめしをくっても、モヤモヤ、むしゃくしゃしている。なぜか?心が犯されとるからや。うるさいやつがきらいや。(わいは猿や、の言い方になってきた、心の中で。)しかし、憤りを感じたときにこそ こういうときに思いついたことこそ。さえてるように思える。まあそんな、なんでもないのかもしれないけど。メモる


12/21
けっこう前に一度だけ観た『マイ・バック・ページ』のことを度々思い出す。めちゃくちゃ大好きな映画ってわけじゃないけどなんかよくあの映画のことを考える。もっかい観たいとずっと思っている。


12/28
京都で『清水宏の情熱「コント」大陸!!』『清水宏のジャパニーズロッキー!!』二本立て。最高だった。

広告を非表示にする